新型コロナウィルス感染拡大予防対策

⽇本ウィンドサーフィン協会主催、共同主催の⼤会における新型コロナウィルス感染症拡⼤防⽌対策について(2⽉26⽇時点)

 

令和2年2⽉26⽇に,新型コロナウイルス感染症の感染拡⼤を防⽌するため,安倍総理⼤⾂から「この1~2週間が感染拡⼤防⽌に極めて重要であることを踏まえ、多数の⽅が集まるような全国的なスポーツ、⽂化イベントなどについては⼤規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は中⽌・延期または規模縮⼩などの対応を要請することとする。」と⽰された。ウィンドサーフィンのイベントは多数の⼈が密集して⾏うようなものでは無く、屋内で⾏うものでもないので、この総理⼤⾂の要請から中⽌または延期とする必要は無いと考えるが、感染拡⼤を予防する観点から下記の項⽬を順守することが当⾯の⽇本ウィンドサーフィン協会主催、または共同主催の⼤会を開催する条件とする。

  • 選⼿以外の参加者を極⼒制限する。

  • 受付対応等のスタッフは全員マスクを着⽤することとし、作業開始前、⼀定時間ごとに⼿洗い・アルコール消毒を徹底する。

  • スキッパーズミーティングは通⾵のいい場所で⾏うものとし、ミーティング開始前に全員が⼿洗い消毒し、全員のマスク着⽤を義務付ける。

  • 選⼿同⼠、あるいは選⼿とスタッフ間での握⼿やハグなどの⾏為を禁⽌する。

  • ⼤会期間中、運営側から選⼿などの参加者に⾷事の提供は⾏わない。やむを得ず飲⾷を提供する場合は専任の衛⽣管理者を任命すること。

  • パーティなどの開催は禁⽌する。

これらについて遵守できない⼤会については中⽌または延期を協会から要請する場合がある。なお、この内容については2週間後2020年3⽉11⽇までとし、以降の⽅針については少なくとも2020 年3⽉11 ⽇に発信する。今後の状況の変化により、3⽉11⽇を待たずに新たな⽅針について発信する可能性がある。

2020年2⽉26⽇

特定⾮営利活動法⼈ ⽇本ウィンドサーフィン協会

理事⻑ ⽯原 智央

© 2019 TSUKASA JAPAN CUP 実行委員会